店舗網が魅力のみちのく銀行

みちのく銀行のデメリット

みちのく銀行は、青森に本店と多くの支店をもつ銀行です。青森に住む人や青森で働く人にとっては利用しやすい銀行といってよいでしょう。また、地域に密接したサービスを行なうみちのく銀行は、地元企業から利便性の高さが評価されています。青森ではメインバンクとする会社も多いことから、みちのく銀行の店舗がある地域では利用しやすい銀行となっています。

しかし、みちのく銀行は、県外に出ると店舗が極端に少なくなります。みちのく銀行の場合、北海道、東北以外ではほとんど店舗がないので、出張や転勤をしたときは困るようになります。

ATMなどで利用できるキャッシュカードをもっていても、店舗やATMが少ないので非常に不便となるのです。また、提携銀行がある場合でも、利用手数料が必要になるので、負担が多くなります。コンビニATMであっても、みちのく銀行のキャッシュカードの利用では、利用手数料がかかるようになります。

さらに、みちのく銀行では、コンビニに設置されているコンビニATMのeネットと提携を止めたことから、コンビニでは、すべてのATMが利用できるわけではありません。現在、コンビニATMが利用できるのは、ローソンのATM、セブンイレブンに設置しているセブン銀行のATMとなっています。

そのことから、みちのく銀行は、提携銀行、提携ATMが少ないことから、利用ごとに手数料が必要となるといったデメリットがあります。北海道、東北以外では、特に提携銀行が少ないので、全国で利用する場合、みちのく銀行のデメリットが高まるようになるのです。

このように、みちのく銀行は、店舗やATMが青森県に集中し、提携も少ないことから、地方銀行ならではのデメリットが現れる銀行といってよいでしょう。