店舗網が魅力のみちのく銀行

みちのく銀行について

みちのく銀行は、青森では地域型の地方銀行として知られています。青森県に多くの店舗を置くことにより、地域に密着した営業を行なっている銀行です。

みちのく銀行の利用者の多くは青森県民であることを特徴としています。そのことから、地元では「みちぎん」として親しまれています。

みちのく銀行は、昭和51年に青和銀行と弘前相互銀行を合併し、現在の名称となった銀行です。この合併は、地方銀行と当時の相互銀行が日本ではじめて合併したことから話題となりました。この銀行合併は、相互銀行であった弘前相互銀行が、地方銀行の青和銀行を吸収したということになります。

銀行合併は、当時、青和銀行の経営難を理由としたものでしたが、この合併により、継承する銀行については、弘前相互銀行ではなく地方銀行の青和銀行となっていることを特徴としています。これ以降、みちのく銀行の合併は、銀行業界で似たようなケースにおいて前例とするようになっています。

みちのく銀行は大正10年に開業した銀行ですが、合併によってみちのく銀行となってからは、青森県のほか、北海道、東北圏に支店を置くようになり、現在、従業員についても1,200名を超える銀行となっています。そして、ひらがなの銀行名は、青森においてライバル銀行とは違った特色を出すものとなっています。

さらに、みちのく銀行は、最近、市内にあるスポーツ施設において命名権を獲得するなど、青森では地域に根ざした銀行としての存在感を表わすようになっています。みちのく銀行は、地方銀行であっても、かつての相互銀行を継承する地域型の銀行といった特色をもっているのです。そのことから、みちのく銀行は、青森では利用者が多く、メインバンクとする企業も多い銀行なのです。