利益還元率が高い大和ネクスト銀行

大和ネクスト銀行のデメリット

大和ネクスト銀行は、新しい形態の銀行として金融界に登場した銀行です。インターネットを活用した銀行として利用者が増えています。

大和ネクスト銀行は、インターネット銀行として店舗や通帳をもたない銀行といったことを特徴としています。これらは、銀行取引を効率化したり、無駄な経費を削減することによって利用手数料や預金の金利に反映させるものとなっています。

しかし、大和ネクスト銀行では、店舗が通帳がないだけでなく、キャッシュカードもありませんので、ATMなどをよく利用する人には不便なようです。ATMでもキャッシュサービスを希望する場合には、大和証券の口座を作って大和カードを保有する必要があります。

ただし、このカードは証券会社のカードであるため、大和証券の口座を作りたくないという人にとっては不便な銀行ということがいえるでしょう。また、キャッシュカードを作ってATMを利用したとしても、大和ネクスト銀行は、自社ATMを広く設置しているわけでないので、他者のATMを使うことになります。

そのことから、現金の入出金ができるATMが限られているといったデメリットがあります。また、大和ネクスト銀行は、公共料金の口座振替には対応していないといったことやクレジットカードカードの口座振替先がJCBカードだけということもデメリットとしています。

さらに、管理においては、パソコンやスマートフォンを使ってホームページにアクセス確認する必要があることから、通信トラブルへの不安もあるのです。