資産管理のネット銀行といえばソニー銀行

ソニー銀行のメリット

インターネット銀行として設立されたソニー銀行ですが、他の銀行やインターネット銀行とは違った面をもっています。ソニー銀行は、サービスを特化することによって、高い支持を得ているといってもよいでしょう。

また、ソニー銀行では、個人による預金高が高いことが特徴とされています。その背景には資産管理を中心としたサービスを行なってきたことがあるようです。ソニー銀行では、投資による運用が活用され、外貨預金などは為替手数料が安いのです。そこで、投資や資産づくりを行なう人に向いているとされています。

銀行の利用においては、ソニー銀行のインターネットバンキングを利用した場合、振込手数料は一律210円となっていますが、ソニー銀行間の口座振り込みは無料となっています。ATMについては、ゆうちょ銀行、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、コンビ二ATMなどが利用できることから、全国どこでも簡単に利用できます。

さらに、手数料については、セブン銀行のATMで日曜午後9時〜翌月曜午前7時を除いて入金や出金が無料で利用できるようになっています。それ以外の銀行では、出金、カードローンの利用で4回目まで無料で使えるといったメリットがあります。

ソニー銀行は、クレディセゾンと提携しているために、提携クレジットカードを使ってソニー銀行口座決済ができるようになっています。このように、ソニー銀行では、インターネット銀行の特性を生かすことで、独自の銀行サービスを提供することをメリットとしているといってもよいでしょう。