資産管理のネット銀行といえばソニー銀行

ソニー銀行の特徴

ソ二−銀行は、インターネット銀行ですので店舗をもった銀行ではありません。銀行取引や手続き業務においてもインターネットや郵送などを使って行なう点に特徴があります。

また、ソニー銀行は一般銀行とは変わらない業務を行なっていますが、他のインターネット銀行とは違った部分をもっています。インターネット銀行が多く設立された理由は、インターネットの活用によって便利さや低コストを追及することにあったといってよいでしょう。しかし、ソニー銀行では、そのようなことを目的で設立されたわけでないということを特徴としています。

ソニー銀行では、個人資産管理に利用しやすい銀行として設立されたとされています。それを反映するかのように、ソニー銀行では、銀行の中でも1人あたりの預金残高が200万円近くと非常に高いとされています。

そして、残高は2008年には1兆円を突破し、2009年には1兆4,428億円に達したとされています。これはインターネット銀行であっては、異例なこととされていることから、ソニー銀行は資産形成を目的とした銀行であることがわかるようになっているのです。

さらに、投資信託や外貨預金が簡単にできるとされているため、投資を活用できる銀行として人気があるようです。そういったことから、ソニー銀行では、銀行を利用する人の顧客満足度についても第1位といった記録を保持しているとされています。このようにソニー銀行は、サービスに特化していることを特徴としているのです。