資産管理のネット銀行といえばソニー銀行

ソニー銀行について

日本では、インターネット銀行が増えてから、非常に便利になったといってもよいでしょう。ソニー銀行もインターネット銀行の一つとして設立された銀行として知られるようになっています。

ソニー銀行は、社名から連想できるようにソニーが出資して作った銀行です。また、三井住友銀行が出資しています。しかし、ソニー銀行は2012年に子会社であったソニーバンク証券については売却したようです。

ソニー銀行は、インターネットを使った銀行ですが一般的な銀行と変わりません。そういったことからも、銀行取引を行なっている銀行として知られるようになっています。

しかし、ソニー銀行は、ネット銀行としては他の銀行よりも利用者が多いといった感じはないとされています。それは、インターネット銀行であっても、ソニー銀行では、これらの銀行とは目的がやや異なっていることにあるようです。

ソニー銀行では、低コストを目的としたインターネット銀行とは違い、個人資産に注目したサービスを提供しています。そこで、ソニー銀行では、個人資産管理に使える銀行として活用されることが多くなっているのです。

外貨預金や投資信託などでは、他の銀行よりも整えている点において、他のインターネット銀行の客層とは異なるものとしているようです。そこで、ソニー銀行の口座をもつ人は、資産形成を行なう人が多くいるとされ、この点において、楽天銀行やジャパンネット銀行、セブン銀行と違った客層にあるとしています。